結婚式の男性の服装はどうしたらいいの

結婚式に呼ばれた際の男性の服装はどうしたら良いのでしょうか。
まず最初にスーツについてですが色は黒がおすすめとなり、
ビジネススーツではなく黒の礼服を着られる事がおすすめになります。
黒の礼服は結婚式以外にも葬儀の際などにも着用出来ますので持っておかれると大変役立つアイテムになります。
次にYシャツについてですが色は白の物を着て頂き必ずアイロンをかけてきれいにして下さい。
ネクタイにつきましては黒とアニマル柄は避けて頂き、
白でも構いませんが年配の方のイメージが強くございます。
若い方ですと少し色の入ったカラーの物や光沢のある白やシルバー色の物を着用されている方もおられます。
また小物の靴、靴下やベルトも黒色に統一をなされる事をおすすめ致します。
おしゃれ感を出されたい方におすすめなのがポケットチーフとなりまして、
色は白の物を挿して下さい。

知っておきたい結婚式の服装マナー

結婚式に招待された時には、その場にふさわしい服装をしなければなりません。
結婚式の服装には様々なマナーがあるので、基本的なことを知っておくと安心です。
女性の場合はワンピースを着ることが多いですが、白は避けなければなりません。白はウエディングドレスを着る新婦の色とされているためです。
オフホワイトは薄いピンクなども、照明の加減によっては白に見えてしまう可能性もあるので、購入する際には店員によく相談すると良いでしょう。
また、生足や黒いストッキング、タイツもNGです。薄いベージュのストッキングを着用しましょう。どんな色の服装にも合わせやすいというメリットもあります。
男性の場合は基本的にはスーツを着用します。靴をしっかり磨いてあるか、シャツに皺はないか、前日迄にはしっかりと確認しておくようにしましょう。

結婚式では控えめな服装にすること

今の時代の結婚式はお店を貸し切りにするレストランウエディング、そして式場の庭園を使うガーデンウエディングがあります。
挙式や披露宴のスタイルがフリーになっていることから、着ていく服装もかなり自由になっていてドレスや着物など様々です。女性の場合にはフォーマルドレスをレンタルしたり、一般的なアパレルブランドの洋服を着ていく人もいます。
しかしながら結婚式がフリーになっているからとはいえ、着て行く服装も好き勝手なものを着ていくわけにはいきません。昔から冠婚葬祭のシーンでは常識があり、冠婚葬祭ではなるべく控えめな洋服であることが無難だといわれています。
華やかな結婚式のシーンでも花嫁が着るウエディングドレスの白はNGだといわれ、式の主役である花嫁に失礼であるとされるからになります。厳しいしきたりが少なくなっていますが常識は守らないといけません。

商品到着後、会員登録(ログイン)してレビューを書けば500ポイント差し上げます。 レディシルエットを基本に、エレガンスをコンセプトとしたデザインに仕上げています。 人気の定番商品からトレンド商品まで、幅広いドレスやワンピに出会えます。 結婚式・二次会などのドレスをお探しならRUIRUE BOUTIQUEへ。 ドレスやワンピに合わせて、コートやジャケットなどのアウターも購入できます。 結婚式のワンピースはこれだ!