女性の結婚式での避けるべき服装

結婚式に参列する際に、服装に迷ってしまう事もあるでしょう。ゲストとして招かれる際に、ふさわしいものとあまり好ましくないのもがあります。これらを把握していないと新郎新婦に失礼になりますし、常識はずれに思われてしまいがちです。まず一般常識としてNGとされているものが、白系のドレスです。白は花嫁のものとされており、ゲストが着るにはふさわしくありません。またクリーム色や薄いベージュやピンク系の色は、写真写りによっては白色に見えてしまう事もあるので注意が必要です。またファー系の素材を使ったものも、NGとされています。毛皮や皮などの素材は殺生をイメージさせ、結婚式という場には縁起が悪いです。そしてドレスの丈が短すぎたり、肩などの露出が激しすぎるものも避けるべきです。主役の新婦よりも目立ってしては、失礼に当たります。

友達に少し差をつけたい結婚式の服装

結婚式に出席するときって、どんな服装をしますか。女性でしたらワンピースやちょっとしたパーティードレスが多いかもしれませんね。色は圧倒的に黒が多い印象です。気づいたら出席した友人がみんな黒いワンピースだったなんてこともめずらしくないでしょう。せっかくの結婚式ですから、他の人に少し差をつけたおしゃれな服装にしてみてはいかがですか。周りから浮かない、でも何だかおしゃれに見える、そんなスタイルが理想です。今一番オススメなのは、オールインワンです。パンツだけれど、やわらか素材で透け感のあるタイプを選べば、とてもドレッシーな雰囲気になります。ワンピースの女性が多い中でのオールインワンは、一段とおしゃれな印象になりますよ。袖なしタイプの場合はストールなどをまかない方が良いでしょう。腕は潔く出した方がスッキリします。ぜひ試してみてください。

結婚式に参加する際の服装の注意点

家族や親戚、友人を初めとし結婚式に参加することは大人になると何度か経験することになるのではないでしょうか。しかしいざ参列するとなれば、身だしなみで頭を悩ませることになるはずです。男女ともに身だしなみには注意しておかなくてはなりませんが、その際に特に女性は服装には気をつけておくようにしましょう。花嫁と被ってしまうので白色のドレスを着てはいけないというのは当然のことですが、淡いピンクなど照明の具合によっては白く見えてしまうようなドレスも着るべきではありません。結婚式の主役は新郎新婦であり、参加する立場で目立とうと考えるべきではないことは確かです。どのような服装が適しているのかは、年齢や式場によっても違いがあるのでありとあらゆる視点から考え、よく検討してから決めるようにすることが大切になってきます。