結婚式に出席する際の服装の注意点

結婚式は新郎新婦にとって人生最大級のイベントであり、一生の記念に残るものとなります。家族や友人の結婚式にゲストとして出席する際には、マナーには十分注意しておかなくてはなりません。最も目立つことで注意しておかなくてはならない点となるのが、服装のマナーです。特に女性は気をつけておかなくてはならないことが多くなります。白系のドレスがマナー違反というのは勿論のこと、淡いピンクなど写真写りで白くなってしまう可能性があるものは避けるようにして起きましょう。ドレスだけではなく、ボレロなどは織物にも注意しておかなくてはなりません。丈の短いドレスや肩の開いたものなど、露出が多いものも昼間の結婚式には適していません。近年では自由度も高まって着てはいますが、改まったシーンなので必要最低限のマナーは守るようにして起きましょう。

華を添える意味もある結婚式の服装

披露宴などのお式への参列は、女性の華やかさが物を言います。美しい女性を眺めるのは、やっぱり気持ちいい物です。結婚式らしい、新婦よりは目立たない、でも新婦の友人として、ちょっと客席へも花を添えられる様な素敵な装いで参加したいです。やっぱり披露宴自体は、飲んだりお食事したりと華やかなシーンですが、お式自体は、チャペルであったり神社で在ったり、神を伴う神聖な場所でもあります。そんな場所ですから、きちんとした清潔感やどこか品を感じられる服装の方が好ましいでしょう。あまりベーシック過ぎても色気がありませんが、やたらと露出が多すぎたり、流行を抑え過ぎて、全く似合っていない様な装いは好ましくありません。特にアニマル柄のプリント物など、さすがにお洋服に取り入れる人はいなくても、靴やバックなどでもあまり良い印象の物ではありませんから、注意しましょう。

結婚式における、最も正統派の服装

お友達や身内の結婚式にお呼ばれすると、何を着て行こうかあれこれ悩んでしまいます。華やかなお祝いの席ですし、自分自身もゴージャスなホテルやオシャレなレストランに身を置いてお食事出来るとあれば、ちょっと素敵な装いでお出かけしたいという気分になってしまいます。でも、やっぱりお式には、あまりミーハーな恰好はせず、きちんとした正統派の服装で参列した方が、周りの印象も良く、好感が持たれます。誰か素敵な殿方を探している人は尚更かも知れません。晴やかな席での一番正統な正装と言えばやっぱりお着物に勝る物はないでしょう。独身の女性であれば、振袖を、既婚者であったり、ちょっと落ち着いた年齢の方は、留袖や訪問などで参列すると、華もあって、その場が華やぎますから、きっと喜ばれるに違いありません。ホテルなどでは参列者にも着付けを行ってくれる場合もあります。